Comfortable Space

こにちは。ごきげんいかが?
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# つむじ風食堂の夜
エピックレコードジャパン
¥ 2,967

ついに発売になりました!
わたしの血と汗と涙のつまった作品が!(感涙)
わたしはBlu‐rayで購入。映像がきれいだったな。

特筆すべき点はメイキングですか。
わたしもチラリと映ってました。どちらも仏頂面でしたが。
自分たちが望んで、祈って、積極的に関わった作品がこうして形になることって
よくよく考えてみるとすごいことなんだよな。いつまでも残るんだよ、こうして。

わたしが死ぬときは一緒に焼いてもらおう。
いや、1本は残しておきたいから、もう1本買って焼いてもいいようにしようか。
などととんでもないことを思いつくくらい、宝モノなのです。
機会があったらぜひ!いや、機会がなくてもどうぞご覧になってください。
わたしのココロがつまっています。みっちみちにつまってますので!

| comments(0) | - | 20:53 | category: kurukuru |
# くるくると風が巻き起こる vol.18

いやー、たぶんこれが最後くるくるかな。
感慨深いなー。
今日、街センに行ったら、くるくる映画の写真展やってた〜。
あー、あれから1年。監督から電話が来てから、1年がやってくる。

-----------------

撮影隊が去ったあとも、なんだかいろいろ仕事があった。
主人公のアパートでクラクアップだったため、いろいろと借り物があって
それを車両に積み込んで返却したり、返却したり、返却したり…!
そんでもって、掃除したり、掃除したり、掃除したり…!
あー、朝日が眩しい。雪もキラキラしちゃってさ。

フィルムコミッションのH氏は、市の職員なのだけど、わたしたちとずっと
一緒に撤収を手伝っていた。もちろん一睡もせず。
しかも彼の場合は、市の仕事にもかかわらず残業代も出ないんだって!
うっわー、頭下がる。本当に頭下がる。
わたしはさ、自ら進んで手伝っているし、尊敬する人の作品に関われると
言うことがこの上ない幸せなのだけど、彼の場合はそんな特別な思いは
ないだろうしね。ただ事故がないように、トラブルがないように、現場に
立ち会っている。すごいなー。…仕事と言ってしまえばそれまでだけど。

続きを読む >>
| comments(6) | - | 21:48 | category: kurukuru |
# くるくると風が巻き起こる vol.17

くるくるも佳境っす。
地味に楽しみにしてくださってたみなさま、間があいてすみません。
さてとまいりますよ。

---------------------

撮影隊が戻ってきた。なんだかみんな相当疲れているようだった。
どうしてもどうしても今夜中に撮影を終了させねばならず、焦りも見えた。
なぜ今夜中に終わらせなければならないのかというと、その日の朝の
フェリーで全員帰らなければならなかったからだ。
1日多く滞在するということは、それ相当のお金がかかる。
しかも撮影のU氏は、その日の朝にどうしても帰らなければならない
予定もあって、今夜の徹夜は必至だった。

ここまで頑張ってきたわけだから、わたしたちも帰るわけにはいかない。
みんなでクランクアップの瞬間を迎えたかった。
夜中だったので「今夜は帰られません」と親にメールを打った。
うちの親は、メールの見方がわからないのに…!(涙)

続きを読む >>
| comments(2) | - | 22:07 | category: kurukuru |
# くるくると風が巻き起こる vol.16

まだまだ続くけど最終日。
はしょりすぎかしら。いやいや、十分長いから。
ってことで、vol.16。終わりたくないなー。

--------------------

1週間という短い撮影期間は、最終日を迎えた。
ちょうど土曜日でわたしの職場は仕事納めの日であり、12:30きっかりに
仕事を終えて、今日のロケ現場へ向かう。
今日のロケは、喫茶店のシーン。
わたしの大好きな俳優Nさんと、友人たちのblogでよく目にするアーティスト
Sさんに初めてお目にかかる日だ。
特に俳優Nさんは、「えーー、生Nを見られるのっ!」とキャスティングを
聞いたときに狂喜乱舞するほど楽しみにしていたわたし。
逸る気持ちを抑えつつ、ロケ現場へ到着。

cafeのマスターがオレンジの防寒着を着て心もとなげに立っていた。
「始まりましたね!」そう言うと、「そうですね。」とにっこり笑った。
「順調ですか?」と聞くと、「映画って大変なんですねぇ」と困ったようにまた
笑った。もしやと思い、近くにいた地元のメンバーに、「どうですか?」と
尋ねたら、「なんかおしてるみたいだなー」という答え。やっぱりー。
隙をついてcafeの中に足を踏み入れる。

続きを読む >>
| comments(0) | - | 21:48 | category: kurukuru |
# くるくると風が巻き起こる vol.15

くるくるです、お久しぶりみなさま。
もーどこまでお話したんでしたっけねぇ。>遠い目。
さてさて、もうそろそろ終盤です。

---------------

食堂、アパートなど寒いとはいえ屋内での撮影ばかりしていたけれど
外での撮影ももちろんあった。
果物屋さんでの撮影などは、もろ屋外。しかも夜。
北海道の夜をなめちゃいけないよ。道産子だってつらいのよ。

果物屋さんでの撮影の日は、大雪だった。
大雪というより、吹雪?
雪が真横に降ってますよー!的な悪天候。
ただでさえキツキツなスケジュールなわけで、「雪降りましたー」と言って
「あぁ、それじゃダメだね、違う日にしよう」なんてことは絶対できない。
そんな余裕はどこを探したってなかった。

続きを読む >>
| comments(0) | - | 22:23 | category: kurukuru |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links