Comfortable Space

こにちは。ごきげんいかが?
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 食道楽、夏の韓国 vol.15
 

タクシーは依然とストライキのままで、だけどなんとか無事にソウルまで戻ってきた。
なせばなる。なんとかなるもんだな。
利川から帰ってくるバスの中で、ほんとにすごい土砂降りに見舞われたんだけど、
ソウルに降り立ったらすっかり晴れてた。晴れ女(旅友)がいるとなにかとお得!

仲間たちにはちょこちょことお土産を買ったりしていたけれど、これだけ遊べば
買えてないお土産ももちろんあって、じゃあお土産を買いがてら最後の晩餐をしましょー!
ってな感じで、江南方面へ繰り出した。
ロデオ通りなんかひやかしつつ、夕暮れのソウルを惜しみつつ。
続きを読む >>
| comments(2) | - | 20:36 | category: korea |
# 食道楽、夏の韓国 vol.14



白米アジョシーの自家用車で連れて行かれたところはここ。窯元。
きょとんとするわたしたち、一体どこに連れてこられたかというと、韓国でいうところの
人間国宝(大韓民国名匠)、わたしの聞き取りが確かなら、韓国の8人の名匠の1人だそうだ。
(さっきネット検索したら2年前で6人って書いてある。増えたのか、聞き間違えたのか)
ちょ、ちょ、ちょ!ちょっとまって、アジョシー!
そんな人間国宝級の人のうちに来ちゃっていいの!

その名も林恒澤氏と言うのだそうだ。(作品をクリックしてごらんなさい。目ん玉飛び出るよ!)
白磁、しかも辰砂白磁の第一人者で、その希少価値ゆえに今なお珍重されているらしい。
幻の白磁とも言われているらしい。
まじっすか!まじっすかとか書いて申し訳ないけど、まじっすか!まじっすか????

まじっすかーーー!\('Д')/

続きを読む >>
| comments(0) | - | 23:17 | category: korea |
# 食道楽、夏の韓国 vol.13
 

おっひる〜!
ここは白米が売りで、それに合うパンチャン(おかず)が出てくる出てくる!
肉が入るのと入らないので値段が違うのだけど、今回は肉のないほうで。
席に着いたら、アジョシとアジュンマが二人してやってきて、オールハングルで料理の
説明をしだす。これ韓国語わからない人きたらどうすんだろね?
メニューも全部ハングルだし、写真もないし、なんとなく頼むしかないよね。
でもここのおじさん、おばさんは本当に愛想がよくて(お店の人みんなが愛想いい)、
なんていうか本当に気持ちがよい。こういうお店の雰囲気って大事ね。
旅のグレードが上がるか下がるかは、接してくれる人の温かさに比例すると思うの。
続きを読む >>
| comments(0) | - | 20:22 | category: korea |
# 食道楽、夏の韓国 vol.12


第4日目。
その日は陶器の有名な「利川」に行こうと計画していた。
旅友が陶芸をやっていたためとても興味があるということ、そしてそこは米どころであり、
とてもごはんがおいしいということ(結局そこか。)が決め手。
ソウルから約1時間くらいバスでの移動になる。

バス乗り場は車で15分、地下鉄だとなぜか2回も乗り換えねばならず、ここはやっぱり
タクシー!ってことで、ホテルのフロントのお兄さんに、「タクシー呼んでください」と
もはや言い馴れたフレーズを伝えたらば。
「今日は呼べないんです。申し訳ございません」って言われて。
「え?なんで?」と聞きかえすも、帰ってくる言葉がチンプンカンプン。
仕方ない、地下鉄で行くかとホテルを出るけど、今までずっとタクシー移動だったので
地下鉄の駅がどこにあるかもわからない状態。(あはは、どこまで貴族旅!)
でも本当に韓国のタクシーは安い。初乗りが150〜170円くらいなんだもの。
時間の短縮を考えると、3人旅ならタクシーのほうが断然効率がよい。
ってことで、ずーっとタクシー移動だったのだよね。
続きを読む >>
| comments(0) | - | 20:42 | category: korea |
# 食道楽、夏の韓国 vol.11
 

清渓川。
広蔵市場を出て、歩いて明洞へ。
どっちいったらいいかわかんないので(出た、方向音痴)、道行く人の良さそうなおばちゃんに
「明洞行きたいんですけど、どっちですか」って聞いてみたり。
みんな親切に教えてくれるなー。
今回の敗因は、まさかソウルに長い時間いると思わなかったので、ソウルのガイドブックを
ほとんど持たなかったこと。ソウルのガイドブックには大きな地図がついてあるのだけど、
わたしが持って行ったのは、韓国全体のガイドブックだったため、ソウルの地図がちょっぴり
しか載ってないのだった。(ま、地図があってもなくても同じようなもんだけどね)
ってことで、てくてくと歩いて明洞へ土産物探索へ。

続きを読む >>
| comments(0) | - | 22:13 | category: korea |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links